ぴえん肌!シルクちゃんでもっちり素肌!!

成分について

こんにちは、スタッフのみどりです。

 

今回は、なで肌ぱっくくりぃむに含まれている加水分解シルクこと「シルクちゃん」について紹介します!

 

「シルクちゃん」の名付け親は3歳児!

 

私は結婚していて子供がいるのですが、出産後は以前のように化粧水・乳液・美容液を使って入念にお手入れをする時間が減ってしまいました💦

 

でも、このなで肌ぱっくくりぃむの「シルクちゃんパワー」のおかげもあって、肌がいきいきしている気がします!

 

 

ちなみに以前、私がしていた成分の話を隣で聞いていた娘(3歳)が、加水分解シルクのことを「シルクちゃん」と言い出したのがきっかけで、他のスタッフもいつの間にか「シルクちゃん」と言うようになっていました☺️

 

今は肌の調子が良いですが、前はとても荒れやすい肌質でした。

 

一言で表すなら、ぴえん肌・・・

 

そのぴえん肌の原因を振り返ってみました!

 

【ぴえん肌の原因】

 

😈仕事で徹夜

😈生理の前後(月経)

😈化粧を落とさずに寝てしまった

😈日焼けした後のお手入れをサボってしまった

😈ダイエット中

😈食べ過ぎ、飲み過ぎ

 

女性の肌はとても繊細で敏感!⚡️

 

肌が弱っている時は、バリア機能が低下して、くすんだ肌になりがち💦

 

なかでも「シルクちゃん」の成分は肌の調子を整えてくれる効果があると言われています!

 

「シルクちゃん」(加水分解シルク)とは?

 

シルクと聞いて、なんとなく「サラサラ〜」や「スベスベ〜」といったイメージがありませんか?

 

 

シルクはその昔、とても貴重で高級なものでした。

 

ただ、化粧品に使われるようになったのは割と最近のこと。

 

このシルクをそのまま肌にぬりこむことはできないので、化粧品に使えるように加工しました。

 

それが「シルクちゃん」なのです!

 

「シルクちゃん」は安全!?

 

「そんな聞いたこともない成分を使ってもホントに大丈夫なの?」って思いますよね。

 

私は娘もおり、ほっぺスリスリなどをするので、気になるポイントでもありました。

 

そこでシルクちゃんの安全性(刺激性・アレルギー)について調査してみました!

 

✔︎ 皮膚刺激性:ほとんどなし

✔︎ 眼刺激性:詳細不明

✔︎ 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし

✔︎ 光毒性・光感作性:ほとんどなし

 

化粧品配合量において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられていて、敏感肌の状態でも安心して使えるそうです!

 

「シルクちゃん」の秘めたるパワー!

 

ここから少し専門的な内容になりますが、効果の理由を簡単にお伝えします!

 

🌼 チロシナーゼの活性抑制作用

チロシナーゼの活性抑制作用で、シミの原因とされるメラニン色素の生成が抑える効果があると言われています。

 

🌼抗酸化作用

抗酸化作用でターンオーバーの乱れを正常化しようとしてくれるそう!

 

 

🌼 皮膚のバリア機能低下や乾燥の予防

加水分解シルクの中にアミノ酸も含まれています。

 

このアミノ酸が外部刺激から皮膚を保護し、過度の水分蒸散を防止し、皮膚内水分量を調節することができると言われています!

 

 

このようにシルクちゃんには様々なパワーがあり、女性のお肌をいつまでもみずみずしく、弾力のある状態に保つことができるそうです!

 

『なで肌ぱっくくりぃむ』には、シルクちゃんがふんだんに含まれています!

 

「余計なものは確実に落としつつ、必要な油分と潤いは健康的にしっかりキープ」

 

旦那に「どうしたの?今日、疲れてる?」なんて言わせない!

 

女性の敏感な肌。

 

忙しい毎日を送るみなさんの味方でありたい。

 

ぜひシルクちゃんの効能を肌で実感してみてください!

 

<追記>娘が新しい遊び方をしていました😽

 

題名:「アンパンマンのお立ち台」

子どもは発想豊かですね!w

 

 

それでは、またお会いしましょ〜!!

Follow me!